RAVPower マルチツール 1つあると便利なコンパクトツール

アウトドア

こんにちはFLIP↗FLOPです。

今回はRAVPower社からご提供いただいた RAVPower マルチツールのレビューです。

  

仕様
サイズ
折りたたみ時 11 cm
展開時 16×9.9×18 cm
重さ 238g

製品内容
5-in-1マルチツールナイフ本体
9-in-1スクリュードライバーセット
スクリュードライバーアダプター
ナイロン製ポーチ
取扱説明書

ご注意 刃渡りのいかんを問わず、正当な理由のない持ち運びは規制の対象ですのでご注意ください。正当な理由とは「購入や修理、業者による運搬」「釣りやキャンプの行き帰り」などです。

携帯用のしっかりしたポーチとマルチツール本体、各種ビットのセットです。

取り付け用のソケットと+、-、六角の各サイズがあります。

五つ道具のうちの1つ、ナイフです。刃渡りは5cmで、刃の下半分はぎざぎざになっています。

2つ目はペンチです。感触は結構硬めです。


3つ目が栓抜きで4つ目が写真の缶切りですが、どちらもよく似ています。

5つ目がドライバーです。先端にソケットを取り付けて、そこにビットを差し込むタイプです。

ナイフ側のヒンジは大きいですね。

デザインの意味合いが強いですが、滑り止めの溝が彫ってあります。

刃も本体に合わせて黒い塗装がされています。アウトドアにうといので、下半分のぎざぎざが志々雄某のアレに見えます。

拡大してもきれいです。

前述のテントを使う機会がなかったので外に持っていくことができませんでしたが、せっかくなので RAVPower マルチツールのナイフと、我が家で使っているTAKEFU KNIFE VILLAGE製のクレウスを比較してみました。いや比較というか単に面白そうだったのでやってみました。
切れ味を試されるのは、おやつに買ってきたどら焼きです。

こちらがTAKEFU KNIFE VILLAGEのクレウスで、お値段15,000円

こちらが RAVPower マルチツールでお値段2,999円。どら焼きとの組み合わせが何ともシュールです。

動画でも見られますが、上がTAKEFU KNIFE VILLAGEのクレウス、下が RAVPower マルチツールのナイフで切った断面です。

クレウスの方は、すっぱりと切れています。一方 RAVPower マルチツールは、柔らかい土台の上にある栗や小豆の皮が難しそうではあるものの、健闘していると思います。

テレビ通販のトマトのような展開になりましたが、きちんと使えばロープを切ったり木材をちょっと削ったりなどは難なくこなせます。
取り扱いに注意は必要ですが、 RAVPower マルチツールのようなモノを1つ持っているとアウトドアで活躍すると思いますよ。

  

コメント