コレはオススメ! スポーツドリンクもOKの SWANZ 磁器タンブラー レビュー

キッチン雑貨
Swanz磁器タンブラー

こんにちはFLIP↗FLOPです。

今回はシンガポール発のキッチン雑貨ブランド「SWANZ」の磁器タンブラーです。
このSWANZというブランド、日本ではまだ耳にしたことがない人がほとんどだと思いますが、すでに日本では実用新案登録済みであり、日本での販売も今後本格化することが伺えます。 公式ウェブサイトでは日本未発売モデルもラインナップされており直接購入も可能です。

SWANZ公式サイト

実用新案の詳細は下記から見ることができます。
実用新案登録状況

これまでは主にシンガポール、台湾、マレーシア、香港がマーケットでしたが今年からAmazon.co.jp要は日本のアマゾン)でも取り扱いが始まったことでより購入しやすくなりました。

       

市場に出回るタンブラーは全てと言っていいほど内側がステンレス製で、金属が溶け出し危険なためスポーツドリンクは禁止されていました。
しかしSWANZのタンブラーは内側がティーカップなどと同じ磁器製なので、ステンレス製では禁止されていたスポーツドリンク以外にも、スムージーや野菜ジュースなど種類を問わず入れられるスグレモノです。

そのほか、SWANZのYouTubeチャンネルには、日本未発売のフードウオーマーを使ったゴールデンミルクやスープの調理テクなども登録されています。

MISO SOUPとはみそ汁のことです。ここではわかめのみそ汁を作っています。

下の動画では南国フルーツがいろいろ出てきます。

今回はラインナップの中でもベーシックなデザインで、ティーストレーナーが付いているSY-045ブルーのレビューです。

ショップの店頭に並んでいそうなパッケージです。
タンブラー本体とティーストレーナーは別々に梱包されています。
中はこのようになっています。届いた状態ではティーストレーナーがセットされてないのでよく見えますね。
ステンレス製と違い磁器の柔らかい色合いがキレイです。
白い磁器なので中がよく見えるのもポイントです。
タンブラーの外側にはロゴマークがワンポイントでプリントされています。SWANZの「S」とスワン(白鳥)をイメージしたきれいなロゴです。
底面にもSWANZのロゴがあります。「Patented in Japan 」とあります。先に述べたようにSWANZは実用新案登録を取得しているのでこのように記載されているわけですね。
内側と口が当たる部分が磁器です。
下唇の一部しか金属が当たらない構造なので、口当たりが良いのが特徴です。
ティーストレーナー、いわゆる茶こしをセットしたところです。
ストレーナーの周りには花形のシリコンリングがあるので落ちてしまうことはありません。
ふたは凹凸が少なく洗いやすい形状です。

今まで使っていた他のタンブラーとちょっと比較してみましょう。
左がSWANZ、真ん中が5000円のContigoトラベルマグ、右がトップバリューのタンブラーです。

それぞれふちのアップを見てみましょう。
SWANZはふちが丸くなっており口を当てるとティーカップみたいな感覚です。
Contigoはふたを閉めて使うタイプなので思い切りふちが立っています。
トップバリューはふちが非常に高くなっています。こちらはSWANZと同じく口を当てるタイプですが、金属が直接当たるので何となく違和感があります。
SWANZは約3~5時間の保温が可能とのことなので実際に測ってみました。
83.8℃からスタートです。
1時間18分時点で一度計測してみたら69.5℃でした。とりあえず指が入れられないぐらい熱いです。
5時間経過後にお湯の温度を測ってみたら51.5℃でした。
保温ではちょっと厳しそうな磁器製ながら5時間後でも50℃以上は結構頑張っていると思います。
2時間程度の外出なら暖かい飲み物も十分楽しめそうです。
SWANZのもう一つの特徴であるティーストレーナーも見てみましょう。
内側と同じく磁器製のティーストレーナーなのでお茶を煎れるときにも味に影響を及ぼさないのがポイントです。
内容量が300mlなのでこういった1㍑用は大きすぎて使えません。
このようにカルディで買ってきた茶葉や三國屋善五郎のウェディングティーのような小さめのバッグを使うことになります。
ところがコンビニでこんな物を発見!
KEY COFFE の「まいにちカフェ」です。250ml~400ml用のミニコーヒーバッグなので、長時間入れておいても濃くなりすぎません。 まるでSWANZ専用のような商品です。
 
早速ティーストレーナーにバッグを入れて、上からゆっくりとお湯を注いでいきます。
一気に注ぐと染みこむのが間に合わずこぼれてしまうのでご注意を。
10分ですっきり、20分でマイルド、30分で本格コーヒーとなっていたので30分待ってみました。
300mlなのでカップに移すといっぱいいっぱいです。
牛乳を入れてカフェオレにすると2人前ぐらいになりました。
実際に飲んでみると、カップと同じ素材なので金属臭さを感じずに飲むことができました。
なによりステンレスに入っているより、白い磁器に入っているのでおいしそうですね。
そのほかにもステンレスタンブラーでは禁止のスポーツドリンクや、野菜ジュース、豆乳など自宅でカップにいれているものなら何でも入れられます。

夏場の熱中症対策にスポーツドリンクを入れておくのにもオススメです。
今回はブルーでしたが、ホワイトやピンク、オレンジ、木目、マーブル、和柄などいろいろなデザインが選べます。
個人的にはYouTubeチャンネルにあったフードウオーマーもラインナップに加えてほしいです。
ありそうでなかったSWANZの磁器タンブラー、気になった方はチェックしてみてくださいね。

       

コメント

  1. […] 以前にレビューした台湾のSWANZは内部がセラミック製だったのでこのような刻印はありませんでした。 SWANZ 磁器タンブラー レビュー […]