日亜とCREEの2モデルを比較 LUMINTOP Tool AA LEDライト

アウトドア

こんにちはFLIP↗FLOPです。
今回はLumintop Japanが販売するTool AA LEDライトです。
このTool AA、搭載するLED素子違いで2バージョンがラインナップされています。一方は深セン系LEDライトで採用の多いCREEモデルと、徳島県に本社を置く日亜化学工業モデルです。

今回はこの2つをLumintop Japan様からご提供いただいたので2モデルの比較も交えながら見ていきたいと思います。

       

製品の仕様
LED素子 CREE XPL-HD もしくは NICHIA 219CT
対応電圧 0.9V~4.2V
色温度 日亜モデル 4000K(ニュートラルホワイト)
    CREEモデル 6500K(クールホワイト)
対応電池 14500リチウム充電池/単三型乾電池/単三型充電池
照射距離 127m
点灯モード ロー / ミドル / ハイ / ターボ / ストロボ
防水等級 IP68
連続点灯時間
14500電池
Turbo 650lm・33分 / High 360lm・79分間 / Mid85lm・6.1時間 / Low 16lm・37時間
単三型乾電池
Turbo 220lm・21分 / High 140lm・49分間 / Mid28lm・11.9時間 / Low 3.7lm・60時間
単三型充電池
Turbo 270lm・43分 / High 140lm・2.5時間 / Mid28lm・12.5時間 / Low 3.7lm・60時間

クレジットカードより一回り大きいサイズのパッケージに入っています。
日亜モデルは裏面に「TOOL AA Nichia」と書いてあるだけで他は共通です。
2つのモデルの外観は全く同じです。
本体とストラップ、シリコン製ディフューザー、交換用Oリング、英語・日本語説明書が入っています。
そしてもう一つ、公式キャラクターのルミンちゃんのお礼カードも入っています。
ルミンちゃんがえらくかわいいです。
本体は滑りにくいよう細かい溝が彫ってあります。
MILレベル HA-Ⅲのアルマイト処理が施されておりさびにも強いとのことです。
Lumintopのロゴの横には月とウサギがプリントされています。
本体は三つに分解できます。入手しやすい単三電池が使えるのが便利です。
先端のアップです。縦に長いすり鉢状で投射は至近距離から中距離までが常用範囲です。
日亜モデルとCREEモデルの比較です。
日亜モデルは素子が一回り小さく、LED素子は山吹色をしています。
CREEモデルの方は素子が大きくなっておりLED素子はイエローです。
シリコン製ディフューザーは蓄光タイプで、消灯した後もしばらくぼんやりと光ります。
ディフューザーを付けない状態だとセンターがひときわ明るくなっています
ディフューザーを装着すると均一に広がります。
CREEモデルと日亜モデルで道路を照らしてみたところです。
左が6500KのCREEモデル、右が4000Kの日亜モデルです。
こうやって見るとかなり色味が違うことが分かりますね。
白いCREEモデルは方は見た目がキレイで人気がありそうです。
一方で日亜モデルは実際の見やすさと高い演色性がポイントです。
今度は4モードの比較です。画像左がCREEモデルで右が日亜モデルです。
ローモードでは至近距離を照らす程度です。
ミドルモードになると少し奥のポールも照らせるようになります。
近距離ではCREEが明るいですが、地面を見ると日亜モデルの方が遠くまで届いています。
ハイモードになると手前は白飛びするぐらい明るいです。
夜間の散歩で使えるのはこのモードになりますね。
最後はターボモードです。連続点灯時間は短くなりますが、奥の方もかなり照らしてくれています。
本体サイズは成人男性の中指ぐらいしかありませんが、その小ささでも十分な光量です。
どれぐらいまで光が届くのか、公園で少しだけテストしました。
まずは2モデルをもってここからスタートです。
およそ120m離れたところの遊具です。
小さすぎてほとんど分かりません。

拡大してみると・・・
遊具を照らす怪しい人影とTool AAの明かりが見えます。
長時間テストしていると怪しいのでここでやめましたが、山中に行くのでなければ十分です。
仕様では照射距離は127mとなっていましたが、光源を判別するだけならもっと遠くまで届きそうです。

こういうLEDライトってどのメーカーもサイズ違いのラインナップがほとんどで、CREEモデルと日亜モデルの両方を用意するメーカーは初めて知りました。
安心感のある日亜モデルを選ぶもよし、白さの際立つCREEモデルを選ぶもよし。好みに合わせてチョイスできるのは買う側としても楽しいです。
Tool AAは携帯性を重視しているのでポケットにいれたりバッグに入れておいたりしても邪魔になりません。
気になった方はチェックしてみてくださいね。

       

コメント