金欠Youtuberのクオリティーアップに!Koolertron スマートフォンビデオリグ

撮影機材

こんにちはFLIP↗FLOPです。

今回は Koolertronの スマートフォンビデオリグ です。

iPhoneなどでしっかりした動画を撮影しようとするとアクセサリーを取り付けるリグが必要になりますが、1000円前後の廉価なタイプはスマートフォンがしっかり固定できないなど粗が目立ちます。
Koolertron 撮影機材を多く扱うメーカーだけあり、Koolertron ビデオリグはそういった弱点をクリアしつつ手を出しやすい価格設定となっています。

       

仕様:
材質:アルミ合金、プラスチック製ハンドル
商品サイズ:13.5×25cm
シューマウント:2個
アタッチメント:1/4 (雄ネジ)
スマートフォンホルダー:4.5cm×8cm
質量:400g

コンシューマー向けとはいえ機材なのできちっと型抜きされた緩衝材に入っています。
Koolertron ビデオリグは自分で組み立てるタイプです。上下の金属製プレートと左右のグリップ、スマートフォンホルダー、ねじ、六角レンチが同梱されています。
スマートフォンホルダーは縦位置と横位置を選べます。
単純なネジ止めではなく、この十字溝とホルダー側の凸部を合わせます。
まずここからして廉価な製品とは作りが違います。
スマートフォンの固定はよくあるバネ式ではなく、ネジ式となっています。
大きく幅を変えるのは時間が掛かりますが、固定強度はバネ式など目ではありません。
スマートフォンホルダーのツマミは切削加工されており非常に操作しやすいです。
アクセサリーシューは六角レンチで固定します。
初期状態は左右は端に一つずつです。後述しますがコレは自分で位置を変えられます。
グリップとプレートの合わせ面はゴムが貼ってあります。
貼ってない場合に比べネジが緩みにく胃というメリットがあります。
プレートへの固定は青いローレットを回して取り付けます。
スマートフォンホルダーとプレートの取り付けはここの溝に合わせます。
全部組み上がってiPhone7Plusを取り付けた状態です。
普通のスマートフォンリグはバッテリーケースを付けた状態では取り付けできないのですが、Koolertron ビデオリグはバッテリーケースを付けた状態でも取り付けが可能です。
iPhoneの貧弱なバッテリーを補いつつ長時間撮影する場合に重宝します。
ホルダーを取り外せばLUMIX G7のようなミラーレスや一眼レフもセットできます。
これにチーズハンドルをうまく取り付けられればかなり応用がききます。
撮影者側はこうなります。機種によってはモニターの位置に制限が出ますね。
アクセサリーシューは付属の六角レンチを使って移動させられます。
センターにTASCAMのDR-100mkⅡを取り付けてみました。
さらに重量級のActyGo16倍のスマートフォンレンズも取り付けたフル装備状態です。
DR-100mkⅡからの出力は変換アダプタでiPhoneに接続しています。
さらに屋外でも見やすくするためYAAAMのY’x サンシェード を取り付けました。
またバッテリー消耗対策としてディスプレーの輝度を下げるのにも一役買っています。
コレにモバイルバッテリーでも取り付けたら無双です。
このときのiPhoneの画面です。湖の対岸がしっかり写っています。
フル装備にすることで長時間撮影や、ブレの出やすいシーンでも安定した映像を撮影できます。
手持ちだとこのような状態です。ケーブルをつなげなければ両方の指でグリップをしっかりと握られます。

実際に使ってみても、デカいDSLRよりも機動力が上がるうえ、ほぼ同じアクセサリーを使えるというメリットがあります。
YouTubeに動画をアップする人で「iPhoneでなんとかまかないたい」という場合には安価で一つ上の映像を撮影できるようになります。
ねじ穴があらかじめ開けられているので、自分の用途に合わせていろいろ改造できるのが面白いとことでもあります。

気になった方はチェックしてみてくださいね。

       

コメント